ただよび

卒業生が時々塾に顔を出してくれます。高校の勉強は難しい、と皆さん口を揃えて言います。

皆さんにお勧めしているのが「ただよび」です。

 

 

僕が高校3年生の時、駅まで20分自転車に乗り、電車に30分揺られ、新潟駅から代々木ゼミナールまで歩き、授業を受けるには順番待ちの列に並び、やっとの思いで受けていた授業があります。

名前は吉野敬介先生。古文の先生です。

基礎の基礎から教えてくれる授業は本当にわかりやすく、受験生の心に火をつけ、記憶に残るような授業を毎回してくれました。夏期講習や冬期講習は募集開始後短時間で受付終了となる代々木ゼミナールで1番人気の先生でした。授業のある6階の教室から1階まで受講生で行列ができるほどでした。

 

その吉野先生が今年3月からYou Tubeで無料で授業を行っています。

「ただの予備校」で「ただよび」です。

十数年振りに授業を受けました。昔は黒板だったものが、電子黒板に変わり、また編集技術で重要な箇所にテロップが入り、視覚化されている点が多くありました。わかりやすさ、楽しさは昔のままです。

このような授業を家にいながら無料で視聴できる今の高校生がとても羨ましいです。一昔前の受験生からみると「ウソ」のような話です。

たくさん勉強してもらいたいと思います。

2020年9月19日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

褒め方が大切

定期テストが返却されてきています。満足のいく点数を取れて、学校帰りに報告しに来てくれる生徒さんがいました。とても嬉しそうな表情が印象的でした。

 

「褒めた方が子供は伸びる」

 

ということは昔から言われてきました。実際に褒められて嫌な気分になる子供も大人もいないだろう思います。

しかしながら、その「褒め方」にも効果のあるものと、そうでないものがあるようです。

 

数年前に話題になった『学力の経済学』という本があります。

よく「わが子を○○大学へ合格させた子育て法」なる本が流行ることがあります。有益な情報もある一方で、その教育方法が特殊な場合であったり、たまたまその子供にあてはまったのではないか、と感じてしまうような教育方法も書かれていたりします。

一方、『学力の経済学』では様々な教育方法を実験データや科学的根拠に基づいて、有益なことなのか、そうではないのかが書かれています。

例えば、モノで釣って(ご褒美で)勉強させることはいいことなのか? ゲームは子供に悪影響なのか?

保護者の皆様もお子様のゲームやスマホとの関わり方で悩まれている方は多いのではないでしょうか。

この本の優れている点は、筆者の主観ではなく客観的データに基づいて述べられている点です。お時間のある時に是非ご覧頂きたい本です。

 

そのなかに、子供の褒め方について書かれている箇所があります。

「結果」を褒める?「努力」を褒める?

保護者の皆様はどちらでしょうか。

「20点も伸びて凄いね!」これが前者。「漢字の暗記を一生懸命頑張ったね!」これが後者です。

詳しい内容は、割愛しますが、後者の方が効果があることがわかっています。

前者と後者のグループに分け、数年後子供たちにどのような違いがあるのか分析する実験がありました。後者の褒められ方をしたグループの方が、前者グループよりも、成績は高く、そして困難なことに挑戦しようとする性格が形成されやすいということもわかっています。

 

自分自身もそうですが、どうしても「結果」に目がいきがちです。そこをグッとこらえて「努力」(頑張った過程)を褒めることの大切さを教えられる本です。

定期テストが返却されるたびに意識することを書いてみました。

と言いつつ、昨日89点を取ってきた生徒に「頑張ったね。次は90点目指そう」と言ってしまっていた自分を思い出しました。まだまだ未熟です(笑)

自分に言い聞かせるブログでした。

2020年9月11日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

終わりがはじまり

今日で新津二中、明日で新津一中の定期テストが終了します。

朝学習は連日多くの生徒さんが参加してくれ、ほぼ満席でした。(蜜は避け、換気・消毒も行っています)

 

英語の基本文を一生懸命書き暗記する子、学校のワークの質問を熱心にしてくる子、過去問を何度も解きなおす子。

みなさんそれぞれ「1点でも多く点数を取りたい」という気持ちが伝わってきます。その努力が点数に結び付くことを期待しています。

 

 

定期テストが終了=受験勉強の再開です。今月末には第5回統一模試が控えています。目的を見失うことなく取り組みましょう。

 

2020年9月3日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

テスト前対策授業!

昨日今日と定期テスト前対策授業(理科・社会)を実施しました。

それ以外でも自習室に来る生徒さんも多くいました。

 

理科では、仕事量や化学変化や密度計算など各学年とも理科で複雑な計算が必要となる単元があります。

こういった問題に苦しむ生徒さんは、1度の解説だけでできるようになるケースは稀です。

反復、反復、反復です。繰り返し取り組んでもらいました。結果、「できるようになりました」と自信を持ってもらえたように感じます。

 

明日からは朝学習です。

 

2020年8月30日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

発想力をきたえよう

藤井聡太棋聖が王位のタイトルも獲得しました。10代初の二冠達成です。

彼の将棋を見ていると、発想力・想像力・決断力、ありとあらゆるものが群を抜いているように思います。

 

さて、今年も夏休みがもうすぐ終わります。夏休み明けすぐに期末テストが実施されます。模擬試験もあります。

あっという間に過ぎそうな予感です。

 

2020年8月20日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

模擬試験

今週末、土曜日に中3生、日曜日に中2生を対象に新潟県統一模試を実施します。

短い夏休みではありましたが、努力の成果を発揮してもらいたいと思います。

2020年8月18日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

夏期講習実施中

7月28日より夏期講習を実施しています。

中3生のみで内部生だけで実施する夏期講習は初めての経験です。

しかし、やるべき内容は変わりません。

1年生からの復習です。例年通り、1年・2年生の内容を忘れている生徒さんが多くいます。この夏で取り戻せば大丈夫です!

 

暑い夏ですが、成績も熱くしましょう!

2020年8月5日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

7月30日(木)~8月1日(土)の通常授業について

木曜日~土曜日に受講中の生徒さんは、先週で7月4週目の授業が終了しています。

したがって、7月30日~8月1日は通常授業はありません。

(中3生の夏期講習は授業があります。)

 

また、8月10日~15日の通常授業は休校です。

(8月10日~12日の中3生夏期講習は授業があります。)

 

8月は1科目月3回の授業料となります。1回分引いた金額の請求書を生徒さんに配布しております。確認をお願いします。

2020年7月29日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

当塾の夏期講習について

今年度は通塾生の中学3年生を対象に夏期講習を実施いたします。

新型ウイルス感染拡大防止のため、例年よりも規模を縮小して実施いたします。

 

2020年7月20日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

情熱を傾けた指導

「指導していて困難に感じることも多々あると思います。しかし、この塾で学んだことがいつか子供たちにとって、良き思い出となる日がくると信じて情熱を傾けて指導してください。」

 

10年前、僕が勤務していた学習塾で上司に言われた言葉です。時々、思い出しますが、とても深い言葉であり、大切にしている言葉でもあります。

 

定期テストが返却されてきました。400点を目標に努力してきたけれど、なかなか超えない。学習環境を変えてみようということで4月に入塾した生徒さん。当塾の授業を気に入ってくれたようで、熱心に取り組んでくれていました。結果は90点台がいくつもあり、420点を超えていました。

あまり積極的に喋るタイプの生徒さんではないのですが、「ありがとうございました」とぽつりと言ってくれたことが嬉しかったです。

もちろん、ゴールは400点ではなく志望校合格です。そこを見失わないようにという話はしましたが、ひとつの目標が叶って良かったです。将来、仕事で困難なことに出会ったときに、今回400点を超えたことや「やればできる」ことを思い出してもらえると嬉しいです。

2020年7月20日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA