適した勉強方法

じめじめしてきましたね。

 

SORAでは、三者面談・保護者面談の真っ最中です。

受験生には、志望校や目標偏差値に合わせた勉強方法を示しています。

 

勉強に近道はありませんが、効率の良い勉強方法はあります。勉強しやすいテキスト、しにくいテキストもあります。

どの科目をどのように重点的に学習していくべきか、そんな話をしています。

大事な夏休み前です。しっかりと取り組んでもらいたいです。

 

先日、ある将棋大会に出場し、予選敗退してきました。それから、自分自身も勉強方法を見直しました。

自分の弱点がはっきりとわかった日でした。

 

今回模試でできなかった問題は大したことではありません。次、同じ間違いをしたら、それは大問題。

そのためには、復習・解きなおしが大事です。

 

三者面談で生徒さんにそう言いながら、心の中で自分の将棋への取り組み方にも言い聞かせています。

 

1回目、散々な目に遭う。2回目、落としまえをつける。3回目、余裕。

 

矢沢永吉の名言です。

2019年6月27日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

前期期末テストへ向けて

今年度は各中学前期期末テストの日程が早くなっています。

9月上旬には実施されます。

 

保護者面談や三者面談を行っています。

保護者面談では、お子様の状況や課題点、今後の方向性などを伝えています。

三者面談では、志望校に向けてどのような勉強をやっていく必要があるか、具体的に示しています。少しでもやる気アップに繋がってくれれば嬉しいです。

2019年6月21日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

知識不足・・

先週土曜日より保護者面談を実施しております。

 

私立高校を併願合格→公立高校を不合格の場合、公立高校2次募集には出願できないものと思っておりましたが、

昨年度から変更になっていました。私立高校に合格していても、公立高校欠員補充のための2次募集に出願できます。

 

自分の知識不足を痛感しました。保護者の方との面談中にその話題になり、教育委員会に問い合わせたところ、このように回答をもらいました。

2019年6月18日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

36.5点

中間テストが続々と返却されてきています。見直しから、次のテストへ向けての予習へ入っています。

 

タイトルの36.5点。これは今春の新潟県公立高校入試数学の平均点です。

自分の記憶では平均点が30点台は見たことがありません。今春受験した生徒さんたちも、数学が難しかったという声が圧倒的に多かったです。各中学の定期テストの平均点が、60点~70点です。いかに入試問題が難しいが理解頂けると思います。

今回の定期テストで良い点数だった生徒さん。決して定期テストだけで満足しないでもらいたいです。

この夏休みが勝負です!難しい入試問題に対応するための夏期講習にしましょう。

壁は高いですが、得点をとるための方法はあります。

 

2019年6月13日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

最初のテストだから・・

保護者の方とお話ししていると中学1年生中間テストについて、

「中1最初のテストだから、簡単なんですよね。」

「小学校の復習だから、点数取って当然」

というような考えの方がいらっしゃいます。

 

しかし、塾で指導する立場からすると

「中学最初のテストだからこそ、難しい」といえます。

まず、小学校の復習ではなく、全て中学1年4月から学習する内容です。(数学では、小学校の知識が必要です)

 

なぜこのテストが難しいのかというと、小学校との違いがあります。

試験範囲の広さ。これが一番です。

今回の新津二中の中学1年のテストの試験範囲は、数学が教科書30ページ以上、社会に関しては教科書60ページです。

試験範囲が広いということは、その分覚えることが多いです。数学では、小学校ではなかったマイナスの概念が出てきます。暗記だけではなく、理解も求められます。

また、英語でもアルファベッドだけではなく、英単語をしっかりと書けるかどうかが非常に重要です。

 

暗記量が小学校とは比べ物にならないくらい多いです。

 

「小学校と同じような取り組み方をする→暗記が追い付かない→点数が取れない」

 

これが今回のテストで点数を取れなかった生徒さんに共通して当てはまることではないでしょうか。

実際に塾の生徒さんでも、習っている数学・英語は90点を超えていても、社会が全くできていなかったというケースがありました。

 

当塾では定期テスト1か月ほど前から、学校の提出物に取り組むように声を掛けています。提出物はテスト2週間前には終わらせておくべきです。そして、残り期間で昨年の過去問や塾の問題集で復習をする。

社会と理科の過去問を繰り返し解いていた生徒さんがいます。熱心に質問も何度も来ていました。

テスト後、感想を聞くと、「同じ問題が出ました!」と喜んでくれていました。

 

余裕を持った取り組みをする必要があります。そんなことを改めて感じました。

 

 

中学1年生のお子様をお持ちのご家庭で、お子様が点数をお父さん・お母さんに報告する際に、その点数が良かった場合に、

「中学最初だから当たり前でしょ」のような態度はとらない方が良いです。

小学校との違いに戸惑うお子様が多いテストです。小さな点でも良いので、その努力を褒めてくださると、お子様の自信に繋がるはずです。

 

点数が低かった場合、SORAの夏期講習でお待ちしています!

新津二中 9月4日・5日

横越中 9月5日・6日

前期期末テストが控えています。それに向けて、努力していきましょう!

2019年6月11日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

小学生のお問い合せ

お問合せの流れは本当に読めないものです。

3月に折込チラシを入れて、電話が鳴るのを待っていても反応がなかったり。その一方で、予想していない時期に問い合わせが続くことがあります。

実は、先月から小学生のお問合せ・体験授業の予約を4件頂いています。中学生の定期テスト後に無料体験は実施します。

 

小学生の保護者の方と面談をするとある共通した悩みがあることがわかりました。

 

「うちの子の学力がどれくらいなのかわからない」

 

というものでした。

小学校のテストは、単元テストです。学習した直後にテストがあるため、本当の理解・学力なのかどうか判断しかねます。

僕自身も、小学校の単元テストで「100点を取り続けている=学力が高い」とは言えないと感じます。

 

中学校に入ってから勉強についていけるだろうか?

部活動との両立はできるだろうか?

 

様々な不安な点があるかと思います。

 

 

現状のお子様の学力・論理力を簡単に試す方法があります。以前、このブログにも掲載しました。

*これから記載するものは絶対ではありません。参考程度にお読みください。

 

A-B=5

A-C=8

 

BとCはどちらが大きいか?

 

この問いに対して、論理的に説明できるお子様は「本当の学力」が高いと感じます。

「わかる」ではなく「説明できる」です。

論理力・ひらめき・表現力を試すことができる問題であり、塾内でも多くの生徒さんに出題しています。

やはり小学生の生徒さんたちの脳はやわらかく、色々な発想力で答えてくれています。

 

不正解でも焦る必要はないのですが、その不正解のしかたが重要です。

あれこれと図にしたり、計算したり、つまり試行錯誤した間違いであれば、そう大きな問題はないように感じます。

 

しかし、問題文とずっとにらめっこ状態。しばらく経った後に、「わかりません」。こういう生徒さんは、学力を伸ばすのに非常に時間がかかります。一見するところ考えているようには見えますが、試行錯誤をしようとしない。あれこれと手を動かそうとしない。

たくさんの生徒さんを見てきましたが、この試行錯誤ができる・できないが学力を伸ばす上で、非常に大切な力なのだと感じます。

 

上記の問題を正解・説明できる場合、学力は高い状態にあると感じます。

一方、不正解で試行錯誤しようとしない場合、今後の勉強において、ある一定のところまではいっても、論理力や表現力が問われる問題に苦戦する傾向があります。そこをできるようになってもらうのが塾の役割であると思います。

 

是非、小学生の中学年以上のお子様がいらっしゃるご家庭の保護者様、上記の問題を解かせてみてください。

 

おまけ問題

 

解ければクラス上位の学力があるはずです!

 

A+B+C=26

A-B=2

A-C=5

 

A・B・Cはそれぞれいくつですか。

 

 

最後に宣伝になりますが(笑)

 

『考える時間』では上記のような問題も解かせています。試行錯誤してもらっていますので、授業後の消しかすの量がとても多いです。考えた証だと思い、毎日掃除機をかけています。

 

無料体験授業を行っております。お気軽にお問合せください。

 

 

 

日曜日やっている塾

本日も開校していました。

2013年の開校以来、定期テスト直前の日曜日は開校しています。理由は、生徒さんたちが集まるからです。

家で学習する習慣がなかったり、塾の方が勉強が捗る生徒さんたちが多くいます。

塾で自習することで1点でも点数を上げてくれれば、幸いです。また、将来何か困難な出来事に出会ったときに、「中学のテスト勉強や受験勉強であれだけ頑張れたのだから、これも乗り越えられる」という貴重な財産にしてもらいたいという希望もあります。

今日も、お弁当持ちで勉強していた子も何人もいました。その努力は活かされるはずです。最後まで頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

明日も朝学習6時45分~開校しています!

2019年6月2日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA