英単語は超重要!

先日の模擬試験。英語のリスニングでの問題です。

将来なりたい職業についての会話文があり、それについての設問で「○○は将来何になりたいですか?」

という問題がありました。そこまで難易度の高くない問題で、聞き取りやすかったかなと感じていました。

正解は「医師」を英語で書ければ良いのですが、生徒さんたちの解答欄に目を通すと、

 

docter・・が連発でした。3割ほどの生徒さんがそう書いていました。

正しくは、doctorです。docterと書く気持ちもわかりますが、しっかりと覚えましょう。

授業では、スペルを書かせる単語テストや講習時に英単語暗記特訓教室を行っています。

自習時でも塾の単語テキストを繰り返し練習してもらいたいと思います。

 

doctorも間違えやすい単語なのですが、guitarも中学生が間違えやすい単語上位です。

読み方にひっぱられて、guiterと書く生徒さんが毎年多くいます。

いつ出題されてもいいように準備しましょう。

2020年5月28日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

模擬試験を終えて

5月16日と23日の2日間に分けて、中学3年生の模擬試験を行いました。

学校の定期テストとはレベルが異なり、格段に難しくなります。入試本番までにこのレベルの問題に慣れていないといけません。

 

本当に成績が伸びるときは模擬試験後です。

模擬試験直後は、何かしら反省点を抱くはずです。

「もっとここを覚えておけばよかった」

「何でここに気づけなかったのだろう・・」

こういうった悔しさを抱くことはとても大切です。

過去の卒業生で偏差値が伸びていた子は、このような悔しさを人一倍持っているという傾向があります。

 

自分の経験では、この悔しさは日が経つにつれ薄れていきます。

復習は早目が大切です。

お昼休憩中に、何人かの生徒さんに受験を終えたばかりの英語の解説授業を行いました。

自分のミスに気づいた時の悔しそうな表情が印象的でした。その悔しさは来春、笑顔に変わるはずです。一生懸命復習しましょう。

 

23日受験した生徒さんたちには伝えましたが、模擬試験のリスニングCDの貸し出しを行っています。早速、借りていった生徒さんもいます。希望の方はお気軽にどうぞ。

2020年5月25日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

【通塾生への連絡】振替授業について

休校としていた4月23日(木)24日(金)は振替授業を実施いたします。

その振替授業のご案内は日程が決まり次第、順次ご連絡差し上げております。

 

4月25日(土)~5月2日(土)の授業に関しては、振替授業の実施がございません。5月分授業料から休校分を引いた金額でご請求しております。

 

ご不明な点がございましたらご連絡ください。よろしくお願いいたします。

2020年5月14日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

模擬試験のご案内

通塾生への連絡です。

中学3年生対象に新潟県統一模試を実施します。

5月16日もしくは23日から選択できます。

また今回は新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、自宅受験も可能です。

詳細を今週生徒さんに配布しますので、ご確認ください。

2020年5月11日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

コロナを言い訳にせず

5月7日より通常授業を行っています。

2週間ぶりに教室で行う授業は新鮮で開校当時を思い出しました。

 

受験生に伝えたのですが、どんな状況でもやる人はやります。決してコロナを言い訳にせず、逆にチャンスだと考え勉強に取り組んでいってもらいたいです。5月7日~新年度が始まった感覚です。10か月頑張りましょう。

2020年5月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : SORA

5月7日(木)再開予定

今日は中学1・2年生を対象にオンライン授業を実施しました。大学生の講師に担当してもらった授業もあり、自分は生徒目線で授業を受けていました。

 

もちろん、1番は教室で個別指導ができればいいと思っています。

それとは別で、今回試してみたオンライン授業は何かの形で残していきたいというのが感想です。今回は、対象レベルなどはあまり設けずに試験的に実施しました。今回実施してみてわかった問題点を改善できれば、良いサービスになるのではないかと感じました。

生徒さんたちに感想を聞くと、「わかりやすかった」「あっという間だった」とプラスの声も聞こえた半面、「ホワイトボードが蛍光灯の反射で見にくかった。」「親がいないと接続できない」など今後改善しなくてはいけない点もありました。

 

そして、今後学習塾業界全体でオンライン授業が必要になってくるだろうとも強く感じました。首都圏の個別指導塾の多くはオンライン化へ変化しているそうです。この波は、新潟へも来る可能性もあります。

「流行っているから取り入れる」では決してなく、学校が休校の場合、学力差というものがどうして生じます。それは家でしっかりと取り組む子とそうではない子です。3月に2週間休校にした際に強く感じました。学力差をなくす・少なくするということも学習塾の役割であると僕は思います。

新潟市でも急激に感染が広まり、「塾に行くどころではない」という日が来るかもしれません。しかし、受験がなくなるということはないはずです。勉強は続ける必要があります。

そうなったときにオンライン授業は、生徒さんたちにとって必要なことだろうと思います。

2020年5月5日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA