自転車と勉強

毎回それぞれのテストで狙われやすい箇所、出題傾向の高い問題があります。

また、正答率が一気に下がる問題もあります。

例えば、中学3年生理科では仕事の原理(斜面を使った場合の方程式を用いた計算問題)、中学2年生数学では一次関数の変化の割合が一定で、反比例の場合は一定ではないこととの違い。

 

正答率の低い問題は1回の指導だけでは定着しない場合があります。

繰り返し類題を解くことで確実に正解数は増えていきます。

勉強合宿では、そこに取り組ませています。

 

 

最初は補助輪をつけながら乗った自転車。

擦り傷をつくりながら、何度も挑戦したと思います。繰り返し練習したから乗れるようになったはずです。

勉強も同じです。

午前中全くできていなかった問題の類題を何度も解き直し、午後には何の迷いもなく解いている生徒たちをみて、そんなことを感じた勉強合宿でした。

 

 

 

不定詞の3用法対策。100問ほど解きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中1数学 規則性の問題。

何度も繰り返すと慣れてきます!

1年前に学習した反比例。一次関数との違いに苦戦する生徒が多かったですが、繰り返せば次第にできるように。

 

1点でも多く点数を取れることを願っています!

8月31日からは朝学習も行います。

 

 

 

2022年8月28日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

入試を意識させる

昨日で夏期講習が終了しました。

今年は少し方向転換した箇所があります。

例年よりも多くの問題演習に取り組んでもらいました。実力テストや模擬試験にどのように活かされるか楽しみです。

 

今日は中学2年生を対象に模擬試験を行いました。

普段の定期テストとは問題のレベルが違い、難しく感じた生徒が多いと思います。

普段の定期テストでは90点以上を必ず取っている子が、模擬試験になると偏差値30台というケースもあります。

つまり、決められた範囲のことはよく覚えているけれど、以前の学習内容を忘れてしまっている。

また、定期テストのような基本問題の集まりであれば点数を取れるけれど、思考力・読解力が備わっていないと解けない問題への対応ができない。

このようなことが原因かと思います。

 

実際に今日も、かなり多くの生徒がlibrarysと書いていました。

模擬試験を受験すると、志望校の判定が出たり、偏差値を知ることができます。指導する側にとっても、生徒対たちがどのような知識を忘れやすのかを知ることができます。

今後の授業で役立てたいと思います。

2022年8月19日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

残り3日の夏期講習

たくさん復習に取り組んできた夏期講習も残り3日です。

長かった夏も終わると思うと少し寂しい感じもありますが、8月下旬から実施される定期テストに気持ちを向けさせていきたいと思います。

 

当塾では毎年、新潟県統一模試より出版される「学力判定問題集」を受験生に購入してもらっています。冬休み前後に塾の授業でも使用していきます。

今週から受験生に配布しています。

 

このテキストの優れているのは、新潟県の公立高校入試の傾向に合わせて問題作成されている点です。もちろん、私立高校にも対応しています。

特に、社会や理科は試験本番に似た形で出題されることもあります。

試験本番での類似問題、的中問題についてはこちらから

 

そして、詳しい解説が掲載されているので、自主勉強にも適しています。

「学力判定問題集と模擬試験の解き直しを繰り返す。弱点を塾のテキストや学校で購入した教材で暗記」

あれこれと参考書を買うよりも、受験勉強はこのやり方で十分です。

 

今は定期テスト勉強に一生懸命に取り組んでください。そして、テストが終了したその日の夜(新津二中生は9月1日、一中生・横越中生は9月2日)から受験勉強に取り組みましょう!

 

 

 

2022年8月16日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA

折り返しの夏期講習

夏期講習も今日で前半が終了です

中3生は受験勉強に取り組んでいます。

今回の講習では例年以上に、夏期講習前の生徒面談を大事にしました。

具体的にどういったことを夏期講習で勉強していくべきか、こちらからも提案しました。また、すでに受験モードになっている生徒からは「ここを学習したい」というような明確な希望もありました。

そういったことができるのが個別指導の強みです。

何度も繰り返し練習をすればできるようになります。まだ後半も続きます。頑張りましょう!

 

写真は連立方程式文章題対策プリントです。魂のこもった54問です!こちらは中学2年生に取り組んでもらいます。

2022年8月6日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : SORA